読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちろぐ

生き方模索中の人によるブログです

我慢しない生き方、好き嫌いで決めていいよ、ということ。

私は自己啓発系の本だとか、スピリチュアル系の本をわりとよく読みます。まあ正確にいうとかじるだけ、なんですが。。。立ち読み、とも言う。。。

(あ、ちなみに本当にいいなあと思ったら買います。ちゃんと買いますよ!)

なんでかっていうとどっぷり浸かるのはなんか嫌で。誰かの思考に浸かってしまうとなんかその人に洗脳されてしまいそうで 笑 

あとはそうですね、やっぱ心のどこかで宗教くさいな、胡散臭いな。

最終的にはツボとかなんか買わされるのかな、みたいな。

 

まあそれはいいとして。ただ、たくさんそういうものに触れてみると、スピリチュアル系の人も、ビジネスコンサルタントも、心理カウンセラーもエッセイストも、わりと同じこと言ってるなーと最近思います。

共通していること。「自分軸で生きよう。」

今まではあまりよく意味が分かっていませんでした。自分が好きなことしよう。嫌いなことはもう辞めよう。心からワクワクしちゃうようなことを仕事にしよう。「そんなこと自分にはできない」と自分で制限をかけるのをやめよう。自分に許可を出そう。幸せになってもいいよ。もう我慢しなくていいよ。

 

確かに素敵な人生だけど、本当に大丈夫なのかな・・・。と思いませんか?凡人のみなさん。 笑

だってなんか調子よくない?好きなことして楽しく生きていけるなんて。我慢が必要だってみんな教えてきたじゃない。勉強しなさいって。高校くらいは出ないと、いい大学行かないと。大企業に入って、いい人見つけて結婚して。

夢なんか見たってあんなのごく一部の才能ある人だけだよ。そんなんじゃ食ってけないよって。

それなのに、人がいい大人にすっかり「仕上がった」時に今になって「好きに生きたもん勝ち」ブーム。 。。!

でもそれだって結局「選ばれた人」「才能に恵まれた人」にしか無理なんでしょう?

 

・・・だけど最近やっと「自分が好きなように生きる」というのは、「自分の生き方に責任を持つ」ということなんだと理解しました。ええ、やっと。

「楽しく生きている人」は決して「楽して生きてる」わけじゃないんですね。

他人に任せないで、自分のことは自分で決める。ただそれだけのことだけど、自分で決めることの難しさ。つまり、覚悟ってこと。

他人に舵を任せている人は自分じゃ何もしないのに、乗り心地や周りの景色やいろんなことに文句だけつけて、行先のことは考えない。任せっぱなし。なのに、たどり着いたその先で、「私はこんなとこ、来たくなかったのに」とかいうのでしょうね。

今の私みたいに。