読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちろぐ

生き方模索中の人によるブログです

愚行録

うわぁ。。やな話だったぁ。。

f:id:nzmig5jce:20170228225751j:image

 どよぉ~~ん。

 

まさにイヤミス、って感じの読後感。

最近はなるべく明るい、というか心が温まる本を読みたくてあんまりミステリー系は手を出さないようにしてたんですが、映画化で話題の本だったので読んでみました。

 

事件の真相が暴かれた時には

あー!そうか!その設定忘れてたわー。。あー、なるほどねぇ。。みたいな。

想定できそうだったのに、全く盲点だったみたいな、意表を突かれるというか。

 

 

細かいストーリーはやめとこう。

 

あらすじはある事件についてライターが周辺の人に聞き込みをして事件の真相を追求してく。。。という流れで関係者へのインタビュー形式で物語は進んでいきます。

友人、知り合い、同僚、色んな立場の人が他人騙りをしているうちにいつの間にか自分の本質を曝け出す。。

そこがタイトルの「愚行録」たる所以なのですが。

そこまで露骨でもなく、だけど少しずつ色々な感情が染み出してくる感じがとてもリアル。女性特有の「別に悪く言うつもりはないんだけど。。。」って結局悪口やん、みたいなやつとか、よく分かってんなーって思いました。

 

男性目線と女性目線、あと大学が舞台になるところがあるんですが、内部生と外部生とか、世の中の色んなヒエラルキーみたいなものがそれぞれのエピソードにうまく溶け込んでて、最後の真相に行き着いた時、不可解なようでストンと納得しちゃうような説得力がありました。

 

大学の描写はなんか自分の過去も思い出されて懐かしいとも思いました。私はどちらかというと庶民派な学校だったので、愚行録に出てくるような金持ちのボンボンやらがこれ見よがしに、なんてことはありませんでしたが。

それでも私学だったので内部生の何とも言えないこなれ感に入学早々違和感を覚え落ち着かない気持ちにさせられたのを思い出しましたね。大阪の大らかな公立高校を出た私にはなーんか不思議で。

おそらく中学くらいから私立でエスカレーター式で、ってなるとそこの学校のカラーみたいなものが色濃くなるんでしょうね。

 

そうそう、もう一つ思い出したのが桐野夏生さんの「グロテスク」。

一時よく読んでたなぁ。

 

学校の中のヒエラルキーや、「他人騙り」という点ですこし似たものを感じました。

騙っているその人の言うことを最初は信じて物語を捉えてしまうんですが、別の人が出てきて語る内容は同じ空間にいるはずなのに全くの別世界。

最初に想像した世界と全く逆転させられてしまって誰が加害者で誰が被害者かわからなくなるんですよね。そして終いには何が正しかったのか、わからなくなる。

開き直った「嫌な奴」が最後報われてほしいとさえ思ってしまう桐野作品はほんと恐ろしいんです。

 

今私たちが生きている世界も、みんな同じ空間を共有しているようで本当は一人一人が全く違う世界に生きているのかもしれませんね。

 

愚行録 (創元推理文庫)

 

 グロテスク〈上〉 (文春文庫)

 

 

 

 

実家を出ること

家出ようと決めてから、インテリアを考えたりもういても立ってもいられない 笑

 

でも、色々考えてたらやっぱり実家にいるより生活費相当かかるなぁと思ってなるべく家具とかは新しく買わないようにしようと決めました。

 

まずはベッドとセンターテーブルだけにして、後はゆっくり考えよう。

 

といいつつ毎日のようにネットで探してしまってますが 笑

 

しかし、家を出るよ、と言った時の親の反応。。

はっきり否定はしませんが、賛成もしてくれない。

 

私はもう34です。いい歳です。もともと一人暮らししてたし、今家にいるのも諸事情あってなんですけど特に問題ないなとこの2年くらいで分かったので

親も普通に受け入れるものと思いました。

 

でも、どこかで私も分かってたんですよね。あまりいい顔はされないこと。

だから言い出す時はちょっと言いにくかった。

はっきり否定はしないものの、「お金かかるよね」とか、猫に向かって「お姉ちゃんいなくて寂しくなるね」と聞こえよがしに言ってくる母。その後は出て行くに至った経緯を説明しろと迫られるなど正直ちょっと怖くなりました。

世の中的にはどうなんでしょ?娘を持つ親なら同じでしょうか?

 

その時に、思い出したんです。実家を出られない人は、単に依存だけでなくて家族に対して罪悪感を持ってるから出られないんだという話。

 

その時はそんなことないと思ってたけど。別に私がいなきゃダメだとか、そういう責任感はないつもりでした。ただ、親といる時はいつまでも子供でいなきゃいけない気はしてました。

無理にでも。

だから家を出るということが少し親を見捨てるような気持ちになってしまって。ああ、これが罪悪感か、と。

今でもまだ、モヤモヤしてます。

 

でも、だからこそ出なきゃいけないんだな。

今まで親の価値観に生きてきたから今私が自分で決めることはとても大切な一歩、だと思っています。

 

遅ればせながら。

 

モヤモヤしても、仮に失敗だったとしても、失敗を避けてきた人生に悔いを感じたはずじゃないか。

「こうしたい」よりも「こうはなりたくない、なってはいけない」という気持ちで生きてきてしまった。もう同じ後悔はしません。

 

さぁ、引っ越し準備するぞ!

 

余談ですが、引っ越し業者どこにしよーとおもっていたら何とサカイ引越センターから電話がかかってきました。

「週末は引っ越しよろしくお願いします」

「❓」

まだ、決めてないけど。。申し込んでもないし。

「〇〇さん、ですよね?」

「違いますー!!」

 

なんと間違い電話でした。

 

イムリーすぎてちょっとビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むむむ・・

ちょっともやっとしたので単なる愚痴になりますが書いちゃおう 笑

 

色々と人生を考えるようになり、今、この瞬間を一番大切にしたいと思うようになりました。「いつか」ではなく「今」。

先々にどうなるよりも自分が今少しでも叶えたい姿に近づいていたい。

そして、今を楽しく生きている人が世の中にいい影響を与えるんだと、最近その本質がわかるようになってきました。

 

要するに、自分がそうならきっと他人にも優しくできるってこと。

 

そんな風に感じ出した最近、親の口癖みたいなものがとても気になるようになってしまいました。

夢を追う人には「若いうちはいいけど年とったら辛いよ」

夢をかなえた人には「仕事にしたから大変だね」

若い人には「今の子はかわいそう」(あらゆる問題に対してよく聞く言葉)

高齢者には「若者のために早く死ななきゃな」

 

やたらと世間の人を「かわいそう」と言う。そして弱者にとても厳しいんですよね。

なんでかな?

 

何となく考えているのは、おそらく母は自分が子供のころ裕福な家庭じゃなかったからかなぁ、と。その時の「恐怖」に今も取りつかれている気がします。もうそうじゃないのに。

一方で父は、自分に厳しい人。「自分も年寄だから若い人の邪魔しちゃいかん。」みたいなことよく言います。

家族にはとても優しい人で、娘の私には厳しいことはまったく言いません。

不思議にも気付いてないんですね、その矛盾に。

 

自分が年をとって世の中の邪魔になるなら、私もそうなるよ、ということなのに。

さんざん厳しいこと言って、夢を追わず、堅実な方法をとって、保険をかけながら「老後のために」と生きた挙句が「年寄の長生きは迷惑」??

 

テレビなんか見てもやたらと責任論をふりかざして批判する人がおおいですね。

私は正論だけ言って相手を打ち負かそうとする人はとても小さいなぁ、と思っています。正論では生きられない人の気持ち、長く生きてりゃもっと分かるだろうに。

 

正論が言える人って余裕がある人だと思います。精神的に、というよりは経済的にとか社会的に。その余裕をもっと優しさに変えてほしい・・・。

家、決めてきた!

 

 引っ越したい。

 

からの、今日家決めてきました〜!

 

時々ネットで賃貸情報を見てて。なかなかの好物件が見つかったので内覧希望を出していました。

 

勤務地近くの小さな不動産屋さん。

中の様子が全く見えない鉄の扉をおそるおそる開けてみると。。。

強めのルームフレグランスに90年代の懐メロ。

ズラっとダークスーツに身を包んだ男性陣がズラっと縦に並んで「いらっしゃいませ!!」

 

独特な雰囲気に一瞬怯む私…

若いイケメンなお兄さんが担当してくれるそうで。なんかホストクラブみたい 笑

行ったことないけど。

 

最初頼りないかな?とか思ったんですがとてもお客様思いの素敵な担当者さんでした。

最初内覧希望した物件の話になかなかならないのでなんでかなと思ってたんですが、どうやら初期費用の安いその物件は出るときにかなり請求される事案が多く揉めやすいんだとか。

オーナーも外国人で交渉も厳しい、と。

色々あるのね。

 

マイナスな面はちゃんと伝えます!と聞いてないのに事故物件とかも教えてくれました。

 

いや、でもちょっと怖いなと思いました。

とても有名で、凄惨な事件のあった部屋。

同じ部屋でなくても同じビルってだけで嫌ですよね。でも同じ部屋でなければ告知義務もないし、家賃とかもわりと普通なので見分けつかないことも多いみたいです。

 

で、長丁場になってたところ、となりのベテラン社員さんも協力して物件を探してくださり、「もうここやろ!」と自信マンマンに出してくれた物件。

結局ここに決めました。

 

駅近なんですが静かで角部屋でちょっとひきこもり感のある部屋。

でもベランダ以外にも大きな窓がついていて、そこが気に入りました。

 

インテリア考えるのが楽しい♬

早く住みたいなぁ!

 

やめた人から成功する

「やめた人から成功する」千田琢哉さんの本です。

 

たくさん自己啓発系の本を書かれている方なので有名だと思います。

私は今までさほど「成功者」とか「一流になる」みたいなのに興味なかったので読んだことがなかったのですが、プロローグ「我慢という現状維持に逃げ込まないために」を本屋さんでチラッと読んでドキッとしてしまいました。で、購入。

 

この本では仕事や人間関係、お金などあらゆることの「我慢」をやめることを薦めています。

「逃げてもいい」って最近よく聞くようになりましたね。辛かったら無理しなくていいんだよ、逃げてもいいんだよ、と。疲れ切ってしまった人にかける優しい言葉のように思っていました。

でも千田さんの言う「逃げる」は少し違う印象です。戦略的な「逃げ」。自分が望む結果に繋がらない我慢や努力は時間の無駄だ、さっさと逃げることを決めろ、と。

本当にやるべきことにそのエネルギーを注げ!というメッセージが伝わってきました。

 

私には珍しく読み終わった後もしばらく鞄の中に入れて持ち歩いていました。

大事なことを忘れないように。「嫌なことを我慢するのは命の無駄使い」。

時間=命。

言われてみたらそうなんだけど、あまり意識してなかったのではっとさせられました。

時間の無駄は命の無駄。

時間を命と置き換えた瞬間、やりたくないことはすぐにわかるようになります。

 

一瞬の時間も無駄にしたくないですね。

やめた人から成功する。 (だいわ文庫 G 261-3)

 

 

 

 

 

自分の人生を創っていこう!

ちょっと前は、よく分からない悩みで頭がいっぱいでした。

今の仕事を辞めたいな~、でも辞めても何がしたいとか明確じゃないし、特別能力も才能もないし、、とはいえ今の環境も悪いわけじゃないし、、とグツグツ考えを煮込んでいて。ちょっと煮詰めすぎたんですね。すっかり疲れてしまった。

 

やりたいことをやろうと決めてから、やりたくないことを辞めようと決めてから、少しずつではありますが、自分が知らないうちに着込んでいた鎧みたいなものがはがれてきたように思います。

考えるべきは「どうすべきか」よりも「私の望みは?」だったのかな、と。

ちゃんと自分に向き合うことができていないのに外側にこたえを求めてもきっとまた無駄な鎧を着てしまう。

本当は走りたいのに、重い重い鎧を着こんでしまって自分で動きを封じていたみたい。

 

今やりたいことは「住むところを決める」です。

前は大阪で一人暮らしをしていたんですが、ちょっと状況が変わって今は実家にいます。その時は母に「今のうちに貯金しなさい」と言われてまあそうかな、と。あとは「お父さんも定年だし旅行に行ったり田舎に移住とかも考えてるからほとんど家にいないしその間猫の世話もしてほしい」と言われてそれなら・・と思ったんですが。

確かにね、お金は貯まります。ごはんも作ってくれたり、洗濯もしてくれたり。大変ありがたいことではあるんですが、、、

 

結局両親はずっと家にいまして。父も仕事をまた始めてしまったので朝の時間も微妙にかぶる。移住するだのの話はまったくなし!

 

そうすると結構息詰まるようになってきました。

自分のことは自分でするほうが気楽だし、何より「ひとりで家にいる時間が好きな私」には、いつも誰かが家にいるのがなんかめんどくさい。

 

なので、決めました。家でるぞ!また自分の城つくるぞー!

 f:id:nzmig5jce:20170213232501j:image

最初は手のひらサイズだったこけ玉・・よく育ったなぁ。

グリーンも好きです。

おススメコスメ

プチプラでも最近は優秀なコスメがたくさんあって楽しいですね。

個人的な最近のヒットは無印で買ったチーク。

 

 

無印良品 リップ&チーク・コーラル 2.6g 日本製

 

前から気になってたのですが、ついに購入。

クリームチークはキャンメイクやKATEも持ってるんですが、これは一番ツヤ感あって好きかも。ほんとに肌がツヤっとして見えます。

 若返り効果あり!  笑

 

無印の化粧品って実は人気ですよね。化粧水とか、あのシンプルなボトルに入っているとすごく欲しくなる 笑

私は化粧水よりもオイルをよく使ってます。

お値段もそこそこだし種類も多くて使いやすい!

 

 

 f:id:nzmig5jce:20170218230107g:plain

 

早くあったかくならないかなぁ